施設概要
施設名 D−egg(同志社大学連携型起業家育成施設) ★★★★
ホームページ http://www.smrj.go.jp/incubation/d-egg/
設置主体 独立行政法人 中小企業基盤整備機構
運営主体 独立行政法人 中小企業基盤整備機構
所在地 京都府京田辺市興戸地蔵谷1 同志社大学京田辺キャンパス業成館
お問い合わせ先
D−egg(同志社大学連携型起業家育成施設)
TEL 0774-68-1378
FAX 0774-68-1372
設置年月日 2006年11月
設置目的・ミッション 産学官連携の強化、地域産業技術の高度化、新産業の創出、地域産業の発展を促進させるとともに地域社会へ貢献する。
施設タイプ
入居室数 合計 33 室 (個室 33 室)
対象ステージ 創業準備・初期、既に創業、研究開発
利用用途 オフィス(個室)、実験ラボ
広さ 20〜67u
賃料 2,900円/u(税抜) ※別途賃料補助制度あり
共益費 賃料に含む
保証金 敷金として賃料(税抜)の3ヶ月分
施設設備
インターネット回線 光ファイバー、メタル(ADSL可能)
共有利用設備 会議室、商談室、リフレッシュコーナー、シャワー、コピー機
入居資格
対象業種 業種の特定なし

大学等と連携し新規事業展開を目指すベンチャー企業、中小企業。新規事業を行おうとする大学の学生、研究者など
入居期間 原則最長5年
卒業基準
事業目標、事業計画が達成された時
スタッフ
スタッフ 合計 5人  うちIM 4人
IMについて(1人目)
氏名 上村 髣Y
肩書き チーフIM
IMについて(2人目)
氏名 平野 稚香子
肩書き IM
IMについて(3人目)
氏名 石木 茂
肩書き IM
IMについて(4人目)
氏名 曽我 篤
肩書き IM
支援体制
実施事業 産学官連携の促進活動、総合的な支援活動(広報・展示会・販路開拓ほか)、地域資源の発掘と交流活動、事業環境の整った施設提供
その他サービス D−eggでは、新たな事業展開を目指すみなさまに、大学と連携するメリットをPRしております。初歩的なことからお答え致します。お気軽にお電話下さい。
企業(起業家)へのオススメのポイント
おすすめのポイント スピンアウトベンチャー・第二創業など、新事業を起こす意欲のある起業家をD−egggは応援しています。
将来、京田辺市に拠点を構えたい!同志社大学との共同研究がしたい!新商品を開発したい!という方は是非お問合せ下さい。
目標は『Made IN D-egg』、『Made IN DOSHISHA』の実現です。
入居企業紹介
入所企業紹介URL http://www.smrj.go.jp/incubation/d-egg/companylist/054615.html



施設名の横に表記されている印は『インキュベーション施設の定義』4条件

(1) 企業家に提供するオフィス等の施設を
  有している
(2) 起業・成長に関する支援担当者(IM等)
  による支援を提供している
(3) 入居対象を限定している
(4) 退去起業に「卒業」と「それ以外」の違い
  を定めている

をどれだけクリアできているかを表すものです。