施設概要
施設名 彩都バイオイノベーションセンター ★★★
ホームページ http://www.bs-capital.co.jp/saito_no.2/index.html
設置主体 独立行政法人 中小企業基盤整備機構
運営主体 バイオ・サイト・キャピタル株式会社
所在地 大阪府茨木市彩都あさぎ7−7−20
お問い合わせ先
バイオ・サイト・キャピタル株式会社
TEL 072-640-1060
FAX 072-640-1080
Mail info@bs-capital.co.jp
設置年月日 2008年10月
設置目的・ミッション バイオベンチャー等の創出や育成を加速するために資金調達や事業化支援を行う。
施設タイプ
入居室数 合計18部屋 +1フロア (個室18室+1フロア)
対象ステージ 創業準備・初期、既に創業、研究開発
利用用途 ウェットラボ(オフィス転用可)
広さ 約68〜71u
賃料 2,625円/u(税込) ※別途賃料補助制度あり
共益費 525円/u(税込)
保証金 原則賃料の3ヶ月相当額
施設設備
インターネット回線 光ファイバー、Bフレッツ
共有利用設備 共同利用機器室、動物実験室、会議室、レストラン、ライブラリーサロン、テニスコート。(一部隣接施設内)
入居資格
対象業種 ミドルステージバイオベンチャー、中堅・中小企業等
入居期間 原則5年
審査を経て再契約、再々契約可。最長10年
その他の条件 遺伝子組換え実験はP2まで実施可能。
動物実験はP2まで実施可能。
病原体等微生物取扱はクラス2まで可能。
卒業基準
当初目標の達成、自立、事業の継続発展
スタッフ
スタッフ 合計 9人  うちIM 2人
IMについて(1人目)
氏名 荻野 真一
肩書き チーフIM
IMについて(2人目)
氏名 森下 拓
肩書き IM
支援体制
実施事業 インキュベーション支援、テクニカル支援、インターフェイス支援、資金供給支援
その他サービス 遺伝子組換え実験等安全委員会設置施設
企業(起業家)へのオススメのポイント
おすすめのポイント 大阪大学を主要連携大学とする大学連携型施設をはじめとし、3棟の施設が彩都にはございます。
これら3棟により、バイオ特化型企業のあらゆるステージに対応しております。
入居企業紹介
入所企業紹介URL http://www.bs-capital.co.jp/saito_no.2/index.html



施設名の横に表記されている印は『インキュベーション施設の定義』4条件

(1) 企業家に提供するオフィス等の施設を
  有している
(2) 起業・成長に関する支援担当者(IM等)
  による支援を提供している
(3) 入居対象を限定している
(4) 退去起業に「卒業」と「それ以外」の違い
  を定めている

をどれだけクリアできているかを表すものです。